支えあいプロジェクト


中野区は、平成23年3月「地域支えあい活動の推進に関する条例」を制定しました。(中野区では「地域支えあいネットワーク」を推進しています。)

 

宮桃町会としては、高齢者の一人暮らしやご夫婦でお住まいの方、また障害のある方のお役に立つよう、平成24年5月より「見守り訪問」のために見守り隊」を結成。それにともない「支えあいプロジェクトチーム」を発足しました。

 

支えあいを推進するにあたり、平成25年11月より「みやももカフェ」をスタートし、平成26年1月「カフェ通信」を発行。さらなる推進のため、同年3月より「みやももシアター」を開始しました。

 

支えあい活動は「みやももカフェ」「みやももシアター」「見守り隊」の3つを中心に活動を展開しています。

 

そして、中野区では、平成29年4月より地域の実情に応じて多様な生活支援ニーズに応えるサービスを総合的に提供できる仕組みとして「介護予防・日常生活支援総合事業」(以下「総合事業」という。)を開始しました。

 

それにともない、桃園地区では「なかの ももぐみ」を立ち上げました。

※「総合事業」について、詳しくは「総合事業とは」と「はじめよう!続けよう!健康生活」をご覧ください。

 

なかの ももぐみ」は、当町会の「みやももカフェ」と「みやももシアター」そして民生児童委員が中心に行う「ももぞの茶屋」。さらに、運営委員会が中心に行う「桃園かよう健康教室」の4団体が手を組み開始しました。

平成29年8月には、中野区より総合事業の認可が降り、第1号の団体としてスタートしました。

 

「みやももカフェ」「みやももシアター」「ももぞの茶屋」「桃園かよう健康教室」皆様のご理解・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

尚、「支えあい」の活動に賛同して、お手伝いをして頂ける方を募集しています。詳しくは「宮ボラ」をご覧ください。

 

「支えあい」全般に関するお問い合わせ先は、当ホームページの「お問い合わせ」からお願いいたします。



チームメンバー

チームリーダー:青木理恵子(会計兼任)

副リーダー:上田寛子

メンバー:中山浩一

メンバー:横山卓哉

メンバー:加瀬    昇

メンバー:田村靖博

メンバー:星野正夫

メンバー:佐藤太一

メンバー:高木亀介

メンバー:西野節子

メンバー:小沼康子

メンバー:星野悦子

メンバー:曽根佐知子

メンバー:朝倉    才

 

サポーターメンバー

メンバー:浦上良子

メンバー:三森 櫻

メンバー:室岡知子

メンバー:吉田登志

メンバー:生涯学習大学の生徒

飛び入りやその他のボランティア等