見守り隊

中野区は、平成23年3月「地域支えあい活動の推進に関する条例」を制定しました。その条例に基づき、宮桃町会として「見守り隊」を結成しました。

 

近年、1人暮らしの高齢者の孤独死が多発しています。今後、さらに高齢化が進み、孤独死だけではなく、多岐にわたり多くの問題が発生すると考えています。

 

「見守り隊」の訪問は、1人暮らしの高齢者や高齢者だけでお住まいの方、障害のある方などのお宅を回り、お元気かどうかなど、様子を確認する「活動」です。

  

現在「見守り隊」の活動は、月1回を目標に活動を実施していますが、将来的には今以上実施できれば・・・と思っています。

 

尚、訪問の際は「桃園区民活動センター運営委員会」発行の「支えあい・見守り隊」の証を必ず持参しています。また、訪問活動は「2人以上」で実施しています。

 

中野区では「地域での見守り・支えあい活動事例」を紹介しています。



「見守り隊」の活動に賛同して、一緒にお手伝いをして頂けるボランティアを募集しています。詳しくは「宮ボラ」をご覧ください。

 

「見守り隊」に関するお問い合わせ先は、当ホームページの「お問い合わせ」からお願いします。

 


見守り隊メンバー

隊 長:青木理恵子

隊 員:中山浩一

隊 員:横山卓哉

隊 員:加瀬 昇

隊 員:田村靖博

隊 員:星野正夫

隊 員:高木亀介

隊 員:西野節子

隊 員:小沼康子

隊 員:上田寛子

隊 員:星野悦子

隊 員:朝倉 才